第8回 太見写真展「チェルノブイリと原発」開催

太見洋介 第8回 写真展

「チェルノブイリと原発」を開催します。

 

福島出身の私は、FUKUSHIMAの未来に希望を抱けません。

 

およそ30年前に爆発したチェルノブイリ原子力発電所とその集落に訪れて7回。

※写真:フランス発→キエフへ(※チェルノブイリに最も近い空港に向けて)

 

現地で撮影した写真は2000枚。

 

私は私なりに、福島の未来を考えるきっかけを、

30年前に爆発した原子力発電所と、そこに住む住民から学びました。

※写真:チェルノブイリの地域住民へ健康被害に関するヒアリング

 

2011年の東日本大震災以降、

再稼働している原発は全国で9基。

震災前の日本は、

国別原発数が世界3位の42基。

 

私は決して、

原発が賛成・反対の議論を持ち込むつもりはありません。

 

 

※写真:「ガスマスクで覆われた小学校」※写真展の一例

    カメラ:D800E 画質モード:RAW(14-bit) 
    撮影モード:マニュアル、1/125秒、f/8 
    焦点距離:100mm ホワイトバランス:晴天 
    ISO感度:ISO3600 ピクチャーコントロール:ビビッド

 

 

ただ、未来の責任は、私と皆さん一人一人にかかっていることも事実。

「子供たちの将来を創造する」私たちの役割。

エネルギーの大半を世界に頼る私たち。

原発がもたらす未来について「考える」きっかけになれれば幸いです。

 

 

■日時:平成30年9月25日(火)~10月8日(月・祝)

※10月8日(月祝)は15時終了。

 

■開催場所:みやぎ蔵王こけし館(蔵王町伝統産業会館)

 〒989-0916 宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉新地西裏山36−135

 0224-34-2385

 

■展示:チェルノブイリ写真30点と、動画1点

■入館料:大人500円、高校生以下 無料

※入館料は原発事故に苦しむ地域・団体に寄付します。

 

■9月30日(日)と、10月8日(月祝)は、わたくし太見本人が会場で皆さんをお待ちしております。(当方が会場入りする日時が変更の可能性もあるため、詳細は上記、宮城こけし館0224‐34‐2385までお問合せください。もしくは太見携帯直通090‐7067‐5365.)

 

当日、会場でお会いできることを、楽しみにしております。

pagetop